葬儀に参列できない時の対応

社会人として大事な葬儀へ参列できない時のマナー

実は慶事よりも弔事の方が大切

様々な理由で葬儀に参列できない場合もあると思います。 その際に、どのように参列できないことを表現するべきなのかをお伝えします。 また、電話連絡だけではない方法での弔意の表し方についてもお伝えしたいと思います。 失礼のない不祝儀関係のマナーは社会人として重要なものですので、今後の参考になさってください。

参列できない旨の連絡の方法と悲しみの表し方

命とは限りがあるもので、その終わりは何となく予感できる場合から、突然のお別れまで様々です。
その故人との関係性にもよりますが、最後のお別れは悔いの残らないようにしたいものです。
しかし、特に突然の悲しいお知らせの場合、既に予定が立っており葬儀等に参列できない場合があります。
そのような場合、失礼のない弔意の表し方にはどのようなものがあるのでしょうか?

実は、タイトルにもありますがお祝い事より、悲しみの儀式の方が大切に考えられています。
結婚式等については、いずれまた当事者等に会えることが多いと思いますが、葬儀はその方のお顔を拝見できる最後の機会となります。
その方をどのように思っていたのか、自分の気持ちを表す重要な時間となるわけです。
また、二度と故人とは会えなくなりますので、自分で納得のできるお別れをするためにも重要な儀式であると考えます。

慶事での若干の失礼な出来事も、お祝いムードでなんとなく許されますが、弔事の場合には、礼を欠く行動はあまり許されませんし、なにより社会人として恥ずかしい思いをします。

今回、やむを得ない事情等で、葬儀などに参列できない場合の、弔意の表し方についてお伝えしようと思います。
故人を思う自分の気持ちをスマートに表す方法や品物、香典等のことについて考えます。
また、葬儀後の個人宅への訪問等のマナーについても考えます。
このサイトを熟読すると、あなたも社会人としてスマートで知的な人に見えること間違いないしです。

葬儀へ代理参加させる方へのマナー

やむを得ず、代理の方へ葬儀の参列をお願いする場合にも、マナーがあります。 不祝儀袋の用意やその表書きの種類など、宗教等によって様々が形式がありますので、代理に参列した方が恥をかかないように、依頼する側が気をつけたいものです。 その際の注意事項などについて、お伝えします。

遅れても直接ご遺族にお会いしたいとき

やはり葬儀等には諸事情からどうしても参列できなくても、ご遺族に是非一度お会いして悲しみをお伝えしたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。 そのような場合、失礼のない訪問にする為に、心得ておきたいポイントをお伝えいたします。 より良い弔問にするためには何が大切なのかを考えます。

Topへ
戻る▲