社会人として大事な葬儀へ参列できない時のマナー

この記事をシェアする

葬儀へ代理参加させる方へのマナー

香典の金額について

香典の金額は故人との関係性やお付き合いの深さなどによっても、金額が変わってきますが、いくら故人と深いお付き合いがあったからといって、度を越すような香典はいかがなものでしょうか。
自分の年齢と故人の関係性によって、また、地方の特色もあるでしょうから、身近な年長者に相談するのもよいかもしれません。

一般的に、20代では3000円~30000円 30代では5000円~50000円 40代では10000円~100000円が相場のようです。
表記した金額にはかなりの開きがありますが、これはまさに故人との関係性によるものです。

しかし、考えなければならない事は、香典だけが自分の弔意の気持ちを表すものではないということ。
香典を実際に受け取り、整理をするのはご遺族ですので、そちらの方にご負担の感じない金額を考慮すべきでしょう。
どうしてもという場合には、金額のわからない盛り籠や供花を添える方法もあります。

不祝儀袋の表書き

代理人に葬儀への参列を依頼する場合には、不祝儀用の袋にお金を入れて、お願いしましょう。
その表がきですが、仏教用であれば最近は安価に既に印刷された袋も用意されています。
「御霊前」「御香典」「御仏前」などと書いてありますが、どの仏教宗派にも失礼のないものは「御霊前」と書いたものでしょう。

余談ですが、もしも故人が仏教の浄土真宗の熱心な信徒さんだった場合には、「御仏前」と書いた方が知的に思われるかも。
浄土真宗は、亡くなってすぐ極楽浄土へ行けるという教えであり、すぐに仏となっている為「御仏前」なのです。

神道では「御神前」「御玉串料」「御榊料」と書きます。
キリスト教では、「お花料」「御ミサ料」「御霊前」と書きます。

蓮の花の印刷された袋がありますが、仏式以外には使用しません。
代理でお願いする場合には、そのほか不祝儀袋の裏に、あなたの住所等を書き添えると、受付の芳名帳への記載時に、代理の方が助かります。


Topへ
戻る▲